Blogブログ

2017年12月20日

山田 オススメ本3 高崎 美容室 GARDEN AVEDA


こんにちは、スタイリストの山田です。

今回、お勧めさせていただくのは、『アメトーク』というテレビ番組の

読書芸人で紹介されていた「残像に口紅を」 筒井康隆

ひとつ、またひとつ、ことばが消えてゆく。
愛するものを失うことは、とても哀しい。

一文字ずつ言葉が消えていく世界を描いた小説です。

例えば、「お」という言葉が無くなると「奥さん」がいなくなるというふうに、

言葉とともに概念も消えていく。

そして、一つ一つ言葉と概念が消えていき 最後に残る言葉は?

ぜひ 「残像に口紅を」オススメです!

ページトップへ